利用規約


この利用規約(以下,「本規約」という)は,株式会社月華堂(以下,「当社」という)がこのウェブサイト及びスマートフォンアプリで提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。 登録ユーザーの皆さま(以下,「ユーザー」という)には,本規約に従って,本サービスをご利用いただきます。 また、ユーザーの中には資金調達をする方(以下,「実行者」という)とプロジェクトを支援する方(以下,「支援者」という)があり、 実行者と支援者の間では「第8条(資金調達の実施と契約)」に記載された契約が個別に結ばれるものとします。

第1条(適用)

本規約は,ユーザーと当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。

第2条(利用登録)

本サービスは利用登録をしていなくても閲覧することができます。 登録希望者が当社の定める方法に従い手続きすることにより行います。 利用登録は、電子メールアドレス、パスワード等、当社が指定する情報を入力する必要があります。 この登録に関し、登録希望者は正確かつ適切で、現在有効な情報を提供するものとします。 当社が利用登録を許諾した場合、本規約を内容とする本サービスの利用契約が当社と登録希望者との間で成立します。
アカウント登録をするためには、18歳以上である必要があります。 必要に応じて、ユーザーに年齢を証明する資料の提出をお願いすることがあります。

当社は,利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合,利用登録の申請を承認しないことがあり,その理由については一切の開示義務を負わないものとします。
(1)利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合
(2)本規約に違反したことがある者からの申請である場合
(3)その他,当社が利用登録を相当でないと判断した場合

第3条(ユーザーIDおよびパスワードの管理)

当社は、利用登録の際にご登録いただいた情報を「プライバシーポリシー」に基づき適切に管理いたします。 ユーザーは,自己の責任において,本サービスのユーザーIDおよびパスワードを管理するものとします。 ユーザーは,いかなる場合にも,ユーザーIDおよびパスワードを第三者に譲渡または貸与することはできません。 当社は,ユーザーIDとパスワードの組み合わせが登録情報と一致してログインされた場合には,そのユーザーIDを登録しているユーザー自身による利用とみなします。

第4条(決済システム)

本サービスにおけるユーザー向けの支払処理サービスは、Stripeが提供し、 Stripe Connectアカウント契約Stripe利用規約 を含み、総称して「Stripeサービス契約」といいます。)に従うものとします。 本利用規約への同意又は本サービスにおいてユーザーとしての取引の継続により、お客様はStripeサービス契約(随時Stripeにより修正されることがあり、その場合には修正されたものを含みます。)に拘束されることに同意するものとします。 Stripeを通じた支払処理サービスを本サービスができるようにするための条件として、お客様は、本サービスに対してお客様及びお客様の事業に関する正確かつ完全な情報を提供することに同意し、本サービスが当該情報及びStripeが提供する支払処理サービスのお客様による使用に関連する取引情報を共有することを認めるものとします。

第5条(禁止事項)

ユーザーは,本サービスの利用にあたり,以下の行為をしてはなりません。 ユーザーがこれらの禁止行為を行った場合、当該利用者の本サービスの使用を禁止、制限、IDの削除をする場合がありますが、その場合においてもユーザーは、当社に対し何ら不服を唱えないものとします。
(1)法令または公序良俗に違反する行為
(2)犯罪行為に関連する行為
(3)当社のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり,妨害したりする行為
(4)当社のサービスの運営を妨害するおそれのある行為
(5)本サービスが提供する各種サービスの信用・名誉等を傷つける行為、またはそのおそれのある行為
(6)他のユーザーもしくは当社が入力した情報を不正に改竄する行為
(7)他のユーザーに成りすます行為
(8)当社のサービスに関連して,反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
(9)ユーザーが本サービスを利用して、本サービスに定めるサービスと同様のサービスを、有償無償を問わず第三者に提供もしくは再販売、あるいは転売する行為
(10)その他,当社が不適切と判断する行為

第6条(本サービスの提供の停止等)

当社は,以下のいずれかの事由があると判断した場合,ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
(1)本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
(2)地震,落雷,火災,停電または天災などの不可抗力により,本サービスの提供が困難となった場合
(3)コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合
(4)その他,当社が本サービスの提供が困難と判断した場合
当社は,本サービスの提供の停止または中断により,ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害について,理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

第7条(資金調達の種類と成立条件)

実行者は本サービスにおいてAll or Nothing方式(目標金額達成時のみ支援が有効)、または、All in方式(全ての支援が有効)で資金調達をすることができます。 資金調達が成立した場合のみ、支援者からの資金が決済され、資金を獲得することが可能となります。 一方で、資金調達が成立しなかった場合は、支援者の資金は返金され、資金を獲得することはできません。
All or Nothing方式における資金調達の成立は次の条件になります。
・設定した目標金額を支援総額が上回った場合

All in方式における資金調達の成立は次の条件になります。
・1件以上の支援が行われた場合

第8条(資金調達の実施と契約)

実行者は本サービスにおいてプロジェクトを公開し支援者を募集し資金調達をすることができます。 これは第三者に対して契約の締結を勧誘しているものとみなされます。 実行者が返礼品を提示し、支援者が申込みを行った時点で当該契約は成立したものとします。 当社は当該契約の当事者とはなりません。 実行者と支援者の間における契約条件は以下の通りです。

(1)プロジェクトの資金調達が予定通り完了した場合、実行者はプロジェクトを実現させる義務を負います。
(2)プロジェクトの資金調達が予定通り完了した場合、実行者は返礼品を提供する義務を負います。
(3)実行者は返礼品の提供まで、偽りの無い十分なコミュニケーションを支援者と行う義務を負います。
(4)実行者が返礼品を提供出来なかった場合、本契約の義務を果たしていない事になります。  その場合、以下を全て成し遂げた場合のみ支援者に対する義務を果たしたものとします。
・プロジェクト実現に向けて誠実に作業を行い、プロジェクトの途中でも支援者に適宜連絡をすること
・資金は何に使われたのか、作業はどこまで進められたのか、予定通りにプロジェクトを完了出来なかった原因は何かを詳細に説明すること
・プロジェクト実現の為に、資金を適切に使用したことを証明できること(領収書の提示等)
・虚偽の説明や表示を行っていないこと
・返礼品を受け取っていない支援者に対し、支援金に応じた割合で残資金の返還か、当初の返礼品から変更することを提案すること
(5)支援者は、この世の中に無いものを生み出すプロジェクトを支援している為、遅延や変更、プロジェクトの失敗リスクを認識しています。
(6)プロジェクトの進行過程において、実行者が相談を求めた場合には、支援者は積極的に応じます。
(7)実行者は支援者に対し、支援者が返礼品申込時に支払った金額を返金することで、いつでも本契約を解除することが出来ます。


第9条(プロジェクトの支援)

All or Nothing方式のプロジェクトとAll in方式のプロジェクトのいずれでも、支援者に適用される条件は以下の通りです。 なお、資金調達の成立条件は「第7条(資金調達の種類と成立条件)」に記載されたものになります。
(1)支援を募集しているプロジェクトに対して、当社が定める方法に従い支払いに関する情報を入力し、支援することができます。
(2)プロジェクトの資金調達の成立条件を満たした場合のみ決済が行われます。
(3)支援を募集中のプロジェクトにおいて、資金調達の成立条件を満たしていない場合は、当社が定める方法に従い、支援の申込みをキャンセルすることが出来ます。 支払い済みの支援金がある場合は全額返金されますが、銀行振込による返金の場合は返金手数料を差し引いた金額が返金されます。
(4)支援の募集期間終了時にプロジェクトが資金調達の成立条件を満たしていない場合は、集まった支援は自動的にキャンセルされます。 支払い済みの支援金がある場合は全額返金されますが、銀行振込による返金の場合は返金手数料を差し引いた金額が返金されます。
(5)返礼品の配送のために、支援者の住所、電話番号等の個人情報の入力を求めることがあります。
(6)返礼品の配送予定はあくまで予定のため、配送の期日を保証するものではありません。
(7)当社は代理受領者として支援金を受領しプロジェクトの資金調達の成立後に実行者に送金を行いますが、送金後は支援者に対し支援金の返還を行うことはありません。


第10条(支援募集の中止)

実行者は支援募集を開始したら、募集期間の途中で支援の募集を中止することは出来ません。 募集期間中に以下の各号に掲げる事由が発生したと当社が判断した場合には実行者への事前の通知なく、当該支援募集は中止されることがあります。
(1)規約に反する情報により募集を行っている場合
(2)実行者のユーザーアカウントが凍結、または、解除された場合
(3)その他支援募集の中止が妥当であると当社が判断した場合
なお、当社によりプロジェクト支援の募集が中断された場合でも、プロジェクト公開時に支払ったサービス利用料は返還されません。


第11条(免責事項)

当社の債務不履行責任は,当社の故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。 当社は、本サービスにおいて利用者に提供される情報の正確性、適合性等について一切保証責任を負わないものとします。 当社は,何らかの理由によって責任を負う場合にも,通常生じうる損害の範囲内かつ有料サービスにおいては代金額(継続的サービスの場合には1か月分相当額)の範囲内においてのみ賠償の責任を負うものとします。 当社は,本サービスに関して,ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引,連絡または紛争等について一切責任を負いません。

第12条(手数料)

本サービスにおけるアカウント登録は無料で行なえます。 実行者がプロジェクトを公開する直前にサービス利用料がかかります。 目標金額を上回る資金が集まった時に決済手数料がかかります。 詳細は「料金ページ」を御覧ください。

第13条(知的財産権)

ユーザーが本サービスに掲載するコンテンツに対して当社は権利を保有致しません。 但し、掲載したコンテンツに対して当社に対し、本サービスの宣伝の範囲において無償にてコピーまたは使用することを認めたことになります。 ユーザーが本サービスに掲載したコンテンツは、ユーザー自信が権利を保有する、または、正当な許可を得ているものであることを保証するものとします。 ユーザーが掲載したコンテンツに対して、ユーザー自信が責任を持つものとします。

第14条(アカウントの削除)

ユーザーはいつでも当社が指定する方法によりアカウントを削除できます。 アカウントを削除しても、公開済みとなっているプロジェクト募集ページやその他コンテンツは削除されません。 また、当社は規約に違反するアカウントを警告なしに削除できるものとします。

第15条(サービス内容の変更等)

当社は,ユーザーに通知することなく,本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし,これによってユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第16条(利用規約の変更)

当社は,必要と判断した場合には,ユーザーに通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。

第17条(通知または連絡)

当社は、サービス内への掲示をもって、ユーザーへの連絡とし、各種通知を行います。 利用者は、自己の電子メールアドレスなど当社に届け出ている内容に変更が生じた場合には、当社がサービス上で別途指示する方法により変更を行うこととします。

第18条(権利義務の譲渡の禁止)

ユーザーは,当社の書面による事前の承諾なく,利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し,または担保に供することはできません。

第19条(準拠法・裁判管轄)

本規約の解釈にあたっては,日本法を準拠法とします。 本サービスに関して紛争が生じた場合には,山口簡易裁判所または山口地方裁判所を第1審の専属管轄裁判所とします。

以上


2018年10月4日 改訂

上に戻る